【歯を抜いた症例】上顎前突(出っ歯)の治療/14歳・男性

はじめに:患者様のお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例をご覧いただき、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

出っ歯と歯の凸凹が気になり矯正歯科に来院

患者様:?Hさん 14歳 男性 中学生
症状:出っ歯(上顎前突出)
抜歯:2本

治療前
出っ歯と歯の凸凹が気になり矯正歯科に来院

中学生のHさんは出っ歯がきになって矯正歯科に訪れたそうです。検査の結果、矯正装置装着前に、上顎の左右の小臼歯を計2本抜歯してから、矯正治療を開始しました。

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

治療終了までの経過

治療前

治療前:出っ歯と歯の凸凹が気になり矯正歯科に来院

装置装着前の歯並びです。出っ歯の改善のために上の左右の4番目の歯を抜歯します。
上下の歯の本数が合いませんが、上が2本少なくても噛み合わせは良くなります。

治療中3ヵ月後

治療中:出っ歯と歯の凸凹が気になり矯正歯科に来院

装置装着から3ヵ月経過しました。前歯全体を引込めています。

治療中6ヵ月後

治療中:出っ歯と歯の凸凹が気になり矯正歯科に来院

装置装着から6ヵ月経過しました。

治療中9ヵ月後

治療中:出っ歯と歯の凸凹が気になり矯正歯科に来院

装置装着から9ヵ月経過しました。ほぼ隙間が閉じました。

治療後12ヵ月後

治療後:出っ歯と歯の凸凹が気になり矯正歯科に来院

前回の診療から2週間後、外しました。
治療期間、12ヵ月弱でここまできれいになりました。

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック