動的治療が10ヵ月で終了した八重歯の治療例/14歳・男性

はじめに:患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

八重歯と交叉した歯並びの治療を希望して矯正歯科を来院

患者様 : Yさん 14歳 男性  中学生
症状 : 八重歯と交叉咬合     抜歯4本

治療前の状態 カウンセリング?治療計画

治療前 抜歯後
治療前 抜歯後
置装着前の歯並びです。 左右の犬歯が八重歯になっています。 今回のケースでは前歯から数えて4番目の歯を抜歯して装置を装着して治療を行いました。上下左右の4番目の歯(小臼歯)を抜歯し、治療をしていきます。
治療前 抜歯後

治療前 抜歯後
装置装着から2ヶ月経過しました。 向かって右側の犬歯(写真左)の動きが顕著ですね。抜歯した隙間を埋めつつあります。上下左右の4番目の歯(小臼歯)を抜歯し、治療をしていきます。
 width=
治療中 4カ月後
 width=
装置装着から3ヶ月経過しました。 ワイヤーもだいぶまっすぐに見えてきました。
 width=
治療中 6か月後
 width=
装置装着から6ヶ月経過。だいぶ並んできました。
 width=
治療後
 width=
抜歯のあとがわからなくなりました。上下についていたコイル(バネ)も外れ、後は微調整です。

治療前と治療後の口元に比較

治療前 治療後
治療前 口腔内 側貌
写真はYさんの治療前と治療後の口元の写真です。治療前よりお顔のラインがシャープな印象に見えます。このように、矯正治療をする上で求められるのは歯並びだけではありません。治療の際は、担当医とよく相談して自分に合った治療方法を選択することが望ましいです。
※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。



このページの先頭へ

歯の豆知識
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る