空隙歯列(すきっぱ)を従来より早い矯正装置で治療した症例

はじめに: 患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

患者様 : Oさん(19歳) 女性
職業 :学生
症状 :空隙歯列(すきっぱ)
抜歯 :なし
装置 :表側矯正(従来の装置より摩擦が少ないセルフライゲーションタイプ)

治療前

治療前正面
      ▲正面の写真

歯と歯の間に隙間があいた状態

この患者様は、上顎、下顎の歯と歯の間に隙間があります。これは顎に対して歯が小さかったり、歯の数が少ない場合におこります。この患者様の場合、歯が小さいことが原因でした。少し上顎前突(出っ歯)も見られ、上顎の歯が前に出ています。

治療前上下左右

治療中(6ヶ月後)

6ヶ月後正面
       ▲正面の写真

装置を取りつけて6ヶ月後の状態

ワイヤーを通したときに摩擦が少ないセルフライゲーションブラケットを使用した表側矯正で治療をしました。従来の装置より痛みを抑えられるため、歯の移動が楽にできます。およそ6カ月でほとんどの隙間がなくなり、歯列が改善されてきました。

6ヶ月後上下左右

治療後

治療後正面
      ▲正面の写真

装置をはずした状態

上顎も下顎もすっかり隙間がなくなり、上顎と下顎の前歯の噛み合わせも改善されました。矯正装置をはずすことができました。今後はリテーナーを使って、歯が元に戻らないように保定します。

治療後上下左右

※治療効果は、患者様によって個人差があります。

資料提供
KAZ矯正歯科
院長 : 高橋 和明

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック