マウスピース矯正 -治療前のシミュレーション画像と治療後の比較-

治療前のシミュレーション画像と、実際の治療後の口腔写真を比較

下の写真は、前歯のガタガタとかみ合わせの不具合をマウスピース矯正で改善した症例です。今回使用した装置は、歯型をもとに3D画像を作成し、治療前から治療後の歯並びをコンピュータで治療完了までの歯の動きをシミューションして、その結果に基づいて精密な装置を作成します。(装置のメーカーによって異なります。)

シミュレーションで予測した画像と実際の治療後の写真を比較すると、再現性の高さがよくわかります。

症例写真:前歯のガタガタと出っ歯、かみ合わせを改善 (非抜歯、治療期間10カ月)

治療前   治療後
治療前のシミュレーション画像
▲ 歯型をもとに作成した治療前3D画像
→ 治療後の予測のシミュレーション画像
▲ シミュレーションした治療後の予測
治療前の写真
▲ 治療前の口腔写真(正面)
→ 治療後の写真
▲ 治療後に撮影した口腔写真
治療前の上顎の3D画像
▲ 治療前の上顎の3D画像
→ 治療後の上顎予測シミュレーション画像
▲ 治療後の予測画像
治療前の写真(上顎)
▲ 治療前の上顎(口蓋)
→ 治療後の写真(上顎)
▲ 治療後の上顎(口蓋)
    歯の表面の突起物(ボタン)は治療後に除去

■ 症例について
使用したマウスピース矯正装置は一定期間毎に、少しずつ形を変化させた 新しいマウスピースを交換して歯を動かすものです。
この症例では抜歯をしないで治療して、使用したマウスピース20枚、トータルの治療期間10カ月、4回の通院で終えました。

※治療効果は、患者様によって個人差があります。

院長 : 尾島 賢治 先生
資料提供
本郷さくら矯正歯科
院長 : 尾島 賢治 先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック