強い受け口(下顎前突症)を外科手術なしで矯正した症例

外科手術をしないで噛み合わせが改善できるケースもあります

下顎の突出が強い患者様(下顎前突症)は、顎変形症の手術を行わないと噛み合わせを治療できない場合があります。しかし下顎前突症だからといって、すべてのケースで必ず手術が必要になるわけではありません。矯正医の判断によっては、強い受け口の患者様でも外科手術をしないで噛み合わせを改善できるケースもあります。それぞれの治療法のメリット・デメリットを確認し、納得された医療機関、治療法を選びましょう。 

治療例1

治療前
治療例1 治療前
上の歯よりも下の歯が前に出ており、奥歯も噛み合っていません。
↓
治療後 
治療例1 治療後
検査の結果、外科矯正をしなくても噛み合わせが改善できると診断し、歯列矯正のみの少ない負担で治療しました。
※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

治療例2

治療前 
治療例2 治療前
下顎が出ている反対咬合と、前歯が噛まない開咬がある不正咬合です。他院では外科手術が必要だといわれました。
↓
治療後 
治療例2 治療後
当院で手術をしないで矯正治療をしました。歯全体の噛み合わせが改善し、きれいな歯並びでしっかり食べ物が噛めるようになりました。
※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。
院長 : 小野 恭介
資料提供
あひる矯正歯科 (東京都江東区)
院長 : 小野 恭介

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック