八重歯の矯正治療(抜歯ケース・非抜歯ケース)

症状や患者様の希望によって抜歯する場合と、抜歯しないでいい場合があります。ここでは抜歯して八重歯を治療したケース、抜歯しないで治療したケースをそれぞれご紹介します。


症例写真


治療例1 抜歯して八重歯を改善したケース

患者様 : 男性
治療期間 : 1年6ヵ月
診断 : 八重歯の抜歯ケース
装置 : マルチブラケット
抜歯 4本(上顎2本、下顎2本 ※4/4EXT)

治療前
抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療前)

歯並びが凸凹の症例です。特に上顎のガタガタが目立ちます。

下矢印

治療中
抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療中)

上下4本を抜歯し、マルチブラケット法で矯正をしました。

下矢印

治療後抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療後)

治療期間は1年半で完了しました。抜歯したスペースを利用して、重なっていた歯がキレイに並ぶことができました。上下の噛み合わせがぴったり合っています。


治療例2 非抜歯矯正で八重歯を改善したケース

患者様 : 女性
治療期間 : 1年2ヵ月
診断 : 上顎の八重歯
装置 : マルチブラケット
抜歯 無し

治療前
非抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療前)

上顎3番の歯肉が外側に飛び出ています。このような症状は口内炎ができやすかったり、口元をぶつけた時にけがになりやすいリスクがあります。

下矢印

治療中
非抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療中)

目立たないセラミック製のブラケットを装着して矯正をしました。

下矢印

治療後非抜歯矯正で八重歯を改善したケース(治療後)

今回は、抜歯しないで改善できると診断したケースで、1年2ヵ月の期間で治療終了しました。


※治療効果は、患者様によって個人差があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック