成人矯正Q&A 矯正歯科治療をすると、歯の根っこが短くなってしまうと聞いたんですが、それってホント?

矯正歯科治療をすると、歯の根っこが短くなってしまうと聞いたんですが、それってホント?

残念ながら本当です。専門的には「歯根吸収」といいます。しかし、必ずしも起こるわけではありませんし、一般的には歯根吸収してもわずかなことが多いので、ほとんど問題はありません。矯正歯科治療以外にも外傷、炎症、腫瘍、脱臼、再植、移植などによっても起こります。歯根吸収には、エックス線写真で見てもわからないものから歯根の1/4以上のものまでありますが、矯正歯科治療によるもので多いのが、歯根の先がわずかに丸くなるものから、歯根の1/4まで吸収するものまで。歯にかかる力の強さ以外にも、噛む力などによっても起こりますし、たとえ弱い力であっても歯根が吸収されないとは言えません。原因は治療期間や歯に対する力のかけ方、歯の質などいろいろ考えられますが、今のところはっきりとはわかっていません。矯正歯科専門医は、こうした点に配慮して、できるだけ歯根吸収が起こらないように矯正歯科治療を行っています。


このページの先頭へ

矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る