見えない矯正治療(裏側矯正)

見えない矯正治療(裏側矯正)について

昔は、矯正といえば金属のギラギラとした装置が主でした。その後、表側に装着するより目立たない透明な装置がでてきました。そして、最近では装置を歯の裏側につけ、外から見ても分からない状態で歯並びを改善することが可能となってきました。そこで、それぞれのメリット・デメリットについてお話しましょう。

表側矯正と裏側矯正のメリットとデメリット

症例写真(表側矯正)
上下顎ともに表側矯正(透明ブラケット使用)

上下顎ともに表側矯正

■メリット
【発音】違和感がありますが、すぐに慣れるようです。
【仕上がり】裏側よりも状態がよく仕上がることがあります。
【金額】裏側装置よりも低価格です。

■デメリット
装置が見えてしまう。

症例写真(裏側矯正)
上顎は裏側矯正(S.T.bブラケット装着)下顎は表側矯正(透明ブラケット使用)

裏側(S.T.bブラケット装着)

▲裏側(S.T.bブラケット装着)

■メリット
装置が見えない。

■デメリット
【発音】強い違和感がありますが、当初2週間程度でかなり発音しやすくなります。
【仕上がり】一人の患者様に対して表側と裏側の両方で治療することはできませんが、もし可能であれば表側からの治療のほうがうまく治せると思います。なぜならば、表と裏ではコントロール性の違いが若干 あるからです。
【金額】表側の装置の通常1.5倍

表から見たところ

▲表から見たところ

よく、裏側の装置の方が虫歯になりやすいとか期間が掛かるなどと言われることがあります。これに関しては、確かに裏側の装置のほうがブラッシングしづらいために汚れが残りやすいようです。しかし、約4週間毎の治療時にクリーニングを行うことと、人間の本来持っている生体防御反応から同じように汚れが残っている場合では、歯の裏側の方が虫歯になりづらいので、デメリットにはなりません。

最近では、ほとんどのケースで裏側からでも治せるようになってきました。しかし、個人により歯並びの状態は違いますのでメリット・デメリットを踏まえ矯正歯科医師にご相談のうえ決められるのが良いのではないでしょうか。

治療説明をしてくださったのはKAZ矯正歯科の院長高橋和明先生です。
資料提供
KAZ矯正歯科
院長:高橋 和明先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック