矯正装置の特徴〜様々な矯正装置〜

歯並び、噛み合わせは人によって千差万別です。
そのため、それぞれの患者様にあった治療方法が必要となります。矯正装置では、新世代矯正装置「クリアスナップシステム」や「デーモンシステム」など様々な種類があります。

1.新世代矯正装置<クリアスナップシステム>

新世代矯正装置<クリアスナップシステム>

摩擦の少ないデルリン素材をブラケットに使用することで、ブラケットとワイヤー間の摩擦を軽減。
これにより、弱めの力で効率良く歯の移動ができ、「治療のスピードアップ」を実現しました。乳白色のため目立たず、さらには構造の単純化、小型化によって、装置の破損や脱落を低減させ、ローコスト化にも成功しています。弱めの力で治療を行うことから、咬む力が弱い日本人に適しており、従来の装置に比べ、治療中の痛みを緩和させます。

主な特徴?
目立ちにくい乳白色の装置です。?
短期間で矯正しやすく、従来のワイヤーによる痛みを緩和させます。

2.デーモンシステム

デーモンシステム

摩擦の少ない装置と、特殊な合金で作られたワイヤーを使う最新の治療法です。

主な特徴?
短期間で矯正しやすく、従来のワイヤーによる痛みを緩和させます。?
歯に残る食べ物の残物を取り除きやすく、清潔感を維持しやすい装置です。

3.インプラントアンカー

インプラントアンカー

歯茎に小さなインプラントと呼ばれる装置を埋め込み、歯を動かすことで、従来、固定源になっていた奥歯に負担をかけることなく、治療することができます。インプラントは治療後、必要のなくなった時点で、お口の中から除去しますので、治療後の違和感も全くありません。

主な特徴?
短期間で矯正しやすく、奥歯のない患者様の矯正の可能性も拡がります。

4.クリアアライナー

クリアアライナー

ワイヤーやブラケットを使わずに、取り外しができるマウスピース状の透明なプレート装置をお口に装着する矯正治療です。

主な特徴?
目立ちにくい透明な装置です。?
取り外し可能なため、お食事もご自身の歯で取ることができ、また日々のブラッシングがしやすくなります。

資料提供
銀座並木通り坂本矯正歯科クリニック
院長 坂本 紗有見(さゆみ)先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函