一般矯正とマウスピース矯正のメリット・デメリット早見表  

一般矯正(唇側矯正)とマウスピース矯正の特徴とメリット・デメリット

■矯正治療にはいろいろな装置と治療方法があります。

矯正治療の治療費をはじめ、期間や不快感や痛みの感じ方には、個人差があります。また、患者様の歯並びの状態によっても、異なります。検査と、カウンセリングによって、お一人ひとりに合った装置・治療方法を選ぶことが大切です。ご不明な点や疑問な点があるときは、矯正のドクターに聞いてみましょう。

■装置について

「一般矯正装置」
唇側[しんそく]矯正装置のこと。唇側装置は、歯の表側(唇側、頬側)につける矯正装置の総称で、歯の表側に接着したブラケットに通したワイヤーの力で歯を動かす方法です。装置は歯に固定したままの「固定式装置」。

「マウスピース矯正装置」
顎の歯列全体を覆うを透明な薄いマウスピース状の装置を口に装着する矯正装置。定期的に装置を交換して、徐々に歯を動かす仕組み。装置は取り外しができる「可撤式装置」だが、一日当たりの連続装着時間がある。

<装置の特徴とメリット・デメリット>

項目 メタルブラケット セラミックブラケット デーモンシステム インビザライン クリアアライナー
写真をクリックすると、装置の詳細ページに移動→ メタルブラケット セラミックブラケット デーモンシステム インビザライン クリアアライナー
タイプ 唇側矯正 唇側矯正 唇側矯正 マウスピース矯正 マウスピース矯正
治療費が安い
通院回数が少ない
治療期間が短い
装置が目立たない ×
装置が取り外し可能 × × ×
違和感が少ない
痛みが少ない
金属アレルギーの患者様でも可能 ×
どの症例にも可能
  詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

※この表はすべての方に当てはまるものではございません。目安としてお考えください。

資料提供
下北沢・藤城矯正歯科

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函