ヘッドギア (上顎の成長抑制する補助装置)  

顎の位置のコントロールや、奥歯の固定に使用される補助的な装置

■ヘッドギアを使用する目的

ヘッドギアを使用する目的

ヘッドギアは、主にお子様の矯正治療に使用される補助装置です。
骨格的な上顎前突(出っ歯)、すなわち、上顎が大きすぎるために「出っ歯の骨格になっている」場合には、ヘッドギアで上下の顎の位置をコントロールして、上顎の骨の成長抑制を行うことがあります。

上顎の成長抑制のほか、骨格的なものではない、歯並びそのものの「出っ歯」の場合にも、成長期のうちから、ヘッドギアで上顎の奥歯を後方に動かしてり、歯並び全体を下げる(後退させる)治療を行う場合があります。

このほか、歯列全体の矯正で、上の前歯を大きく後退させる必要があるときに、ブラケットをワイヤーを使用するマルチブラケット法とヘッドギアの装着を併用して治療することもあります。

■ヘッドギアの構造について

矯正治療は、歯や顎に適正な力をかけることで、成長のコントロールや歯の移動をおこないます。骨格性の「出っ歯」の場合、上顎に対する後ろ向きの力が必要なので、頭部を固定源とした装置・ヘッドギアを使用します。
へッドギアの装着方法は、まず、上の奥歯(主に第一大臼歯)に装着した固定式の装置と、太いワイヤーでできた「フェイスボー」をつなげ、これを頭部の帽子のような装置「ヘッドキャップ」に装着をして牽引します。
なお、「フェイスボー」は取り外すことができますが、奥歯につけた装置は取り外すことができません。

■装着の注意点

・ヘッドギアを装着しているときは静かにしましょう

・食事や歯磨きのときには、フェイスボーを外しましょう

・装着時間を守りましょう

ヘッドギアは取り外しができる装置ですが、毎日10時間以上の使用が必要です(個人差があります)。食事や歯磨き以外の時には十分な使用が大切です。家にいる時間や睡眠時間中などしっかり装着しましょう。

・1週間以上違和感や痛みが続いた場合は、担当医に相談しましょう

ヘッドギアを装着して2〜3日は、奥歯に痛みを感じたり、発音や食事がしづらいことがありますが、1週間ほどで慣れます。しかし、痛みや違和感がどうしても我慢できない場合や、 ヘッドギアが変形したり壊れた場合は、 ドクターに相談しましょう。

※詳細の使用方法や装着時間、緊急時の対応などは、歯科医師の指示を守りご使用ください。

院長 : 宮崎 芳和
資料提供
目黒青葉台矯正歯科クリニック
院長 : 宮崎 芳和
日本矯正歯科学会認定医

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る