マウスピース矯正の装着時の発音を比較

装置をつけた時と、つけていない時をムービーで比較する

マウスピース矯正は、奥歯から前歯まで歯全体を覆う装置です。
着け始めの頃は、お口の中に違和感があり、滑舌が悪くなったような印象を持つ方がいます。
しかし、ご自分では話しにくくなったと感じても、聞き手には着ける前と着けた時ではほとんど違いは分からないものです。
下のムービーは、何も装置を着けていない状態とマウスピースを着けた状態で同じ文章を朗読しています。発音や滑舌を聞き比べてみましょう。


アメリカ型とヨーロッパ型の比較

マウスピース矯正は、複数のメーカーによって製造され、商品によって形や製作方法が異なります。ここでは、流通している主な2つのタイプを「アメリカ型」「ヨーロッパ型」と称してご紹介します。ムービーでは、両方の装置を装着して発音の比較をしていますが、どちらの場合も聞き取りにくさはほとんどありません。

 
項目アメリカ型ヨーロッパ型
 アメリカ型ヨーロッパ型
製造方法治療前に採取した歯型を元に3DCGでシミュレーションして、治療前から完了までの装置を一括で製造する。治療前の歯型を元に初期の分の装置を製造する。治療中も定期的に歯型を採取し、都度装置を製造する。
形状歯肉を覆わないタイプ歯肉を覆うタイプ
装着時の見た目透明色で目立たない
装着時の発音慣れると影響が少ない

※歯科医によって見解は異なる場合があります。



横谷浩爾院長先生
資料提供
青山外苑矯正歯科
院長 : 横谷 浩爾先生



このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函