知っておきたい!リテーナーの概要とトラブルについて

知っておきたい!リテーナーの概要とトラブルについて

矯正治療が終わった後に使用する、リテーナー(保定装置)について紹介します。治療後の「後戻り」を防ぐため、歯や周囲の組織をしっかり保護しなければいけません。ここではリテーナーの概要や取り扱いの注意点、トラブルについて解説しています。

歯を正しい位置にキープする「リテーナー」の役割とは?

歯を正しい位置にキープする「リテーナー」の役割とは?

リテーナーは歯並びと噛み合わせを整えた後に、歯を安定化させるために使用する装置です。矯正治療が終了した直後の歯根や周囲の骨はしっかり詰まっておらず不安定な状態です。ですから、一定期間歯を抑え「後戻り」を防ぐことが必要なのです。リテーナーを使用することで歯の位置がズレないようにキープしながらゆっくりと骨や周囲の組織に歯をなじませ、最終的にはしっかりと機能(噛むとができる)できるよう安定させることを目的としています。

矯正前の歯並びや矯正後の状態によって使用するリテーナーの種類は異なります。リテーナーにもいくつか種類があり、全体を固定するタイプと取り外しが可能なタイプがあります。代表的なのは、取外しができるタイプです。移動した歯を正しい位置に固定する期間を「保定期間」といいます。

治療後1年間は特に重要です

矯正装置(マルチブラケット装置)を外した直後の1年間は移動した歯が安定しておらず、治療前の歯の位置に戻ろうとする「後戻り」が起こりやすい状態です。そのため、この期間中は歯みがき時と食事の時間を除いて、日常的に装着しておく必要があります。
万が一、装着を忘れるとその間に歯が移動してしまい、リテーナーが所定の位置に入らなくなったり、装着時に痛みを伴うこともあります。装着時間を守りしっかりと装着しましょう。

痛みが少ない

リテーナーは歯を移動する器具ではないため痛みはほとんどありません。もし、器具が歯茎に接触することで痛みを引き起こしている場合は、我慢せずにかかりつけの医院に連絡しましょう。内側のレジン(プラスチック)を少し削るだけで快適に過ごせます。

リテーナー卒業のタイミングは担当医に確認しよう

リテーナーを日常的に使用し続けると歯や周囲の骨が安定してきます。リテーナーを使い始めの頃は、ほぼ終日の着用が必要とされていますが、除々にリテーナーを外している時間を長くしていき、最終的には1週間のうち数時間程度の使用となるように装着時間を調整していきます。長時間リテーナーを装着しなくても、再び装着した際にきつく感じなければ安定していると言えるでしょう。
ただし、リテーナーを外すタイミングは担当医の指示に従ってください。担当医に確認のうえ装着期間や時間をしっかり守りましょう。

[関連] リテーナーの仕組みと特徴について <保定用器材 リテーナーとは>

気をつけて!リテーナー4つの注意点

気をつけて!リテーナー4つの注意点

1.リテーナーの破損に気をつけて!

取外しができるタイプのリテーナー(可撤式リテーナー)は取り扱いに十分に注意してください。このタイプのリテーナーは違和感を少なくするために、薄く小さく作られています。リテーナーの洗浄の際に不注意に力を入れて持つと割れてしまうことがあります。

2.リテーナーは慎重に取り扱うべし

リテーナーを外したら専用のケースに保管しましょう。テッシュやハンカチに包んでそのままポケットに入れないように気をつけて下さい。誤って捨ててしまうことや、破損の原因になることもあります。

3.洗浄時間を正しく守って

リテーナーの洗浄と除菌、脱臭のために専用の洗浄剤を活用しましょう。リテーナーの汚れが落ちてスッキリします。ただし、洗浄液にリテーナーを浸ける時間が長すぎると、ワイヤーと金属の連結部分が溶けだしてワイヤーが外れてしまう可能性があります。
ご使用の洗浄剤の使用方法を確認し、正しく使用しましょう。

4.リテーナー装着中のガムは控えて!

様々なタイプのガムが販売されていますが、中には、リテーナーのプラスチックの部分とガムがくっつきやすいものがあります。リテーナー装着中はガムを控えたほうが良いでしょう。

SOS!リテーナートラブル

SOS!リテーナートラブル

リテーナーにヒビや破損!

なるべく早く修理に行ってください。リテーナーを装着せずに放置していると、せっかく移動した歯が後戻りを起こし、歯並びがズレてしまう場合があります。破損の程度にもよりますが、破損がひどく修理不可能な場合は新たに歯型を取って新しいリテーナーを再製作する必要があります。

リテーナーが痛い!

かかりつけの歯科医院で調整してもらう必要があります。また、どうしても痛みが取れない場合は新しいリテーナーを再製作することもあります。

リテーナーに違和感!発音しづらい、食事がとりづらい

リテーナーに慣れるまで、この様な症状が起こる可能性が起こる場合があります。慣れる期間には個人差がありますが1週間から2週間程度です。慣れてしまえば、通常の生活に支障はなくなります。

[関連] 矯正治療中のトラブル対処法 <リテーナーの場合>


このページの先頭へ