口内炎とその原因

口の中の粘膜にできる口内炎


口内炎は舌や歯茎など、口の中の粘膜にできる「できもの」をさし、中には唇や喉にできることもあります。
普通は1〜2個できて1週間〜2週間で完治します。なかなか治らない、もしくは1度にたくさんできる場合は、口内炎だけではなくほかの病気も考えられるので病院で受診することをお勧めします。


▼口内炎の原因

口内炎は様々な原因によって起きます。
サプリメントでビタミンを摂っていても口内炎になることがあるといわれています。
朝起きたときに口内炎ができてた場合、睡眠不足や唾液の不足を予想しますすが、複数の原因が重なって口内炎になることが多いようです。

<生活習慣による原因 >
・ストレス
・睡眠不足
・歯や歯ブラシで口の中の粘膜を傷つける
・唾液の不足
・口の中の細菌の繁殖
・鉄分やビタミンの不足

<そのほかの原因 >
・食べ物や金属のアレルギー
・ほかの病気(手足口病やベーチェット病など)
・カビやウイルス
・被せ物の形が合わず粘膜を刺激している場合

関連ページ
■矯正治療についてのご相談。専門医がお答えします。→ 矯正歯科相談室
■あなたに合った矯正歯科専門医院を探してみませんか。→ マッチングシステム
■矯正歯科に関してよく寄せられる質問を紹介します。→ 矯正歯科治療 Q&A

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ