【2021年12月】宮城県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した宮城県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療の治療費の目安を教えてください

A1:治療にかかる費用の目安は、使用する矯正装置や治療のタイミングなど、患者様によって様々です。

目安としては次のような金額となります。
表側矯正の場合はおよそ600,000~1,000,000円
裏側矯正の場合はおよそ800,000~1,500,000円
マウスピース矯正の場合はおよそ700,000~1,000,000円
部分矯正の場合はおよそ200,000~600,000円

このほか、歯科医院によりますが、カウンセリング料や、診断料、診断に必要な歯科用CTやレントゲン撮影、口腔内スキャンなどの検査費用などが掛かる場合があります。
また、医院によっては定額制を設けている場合もありますが、通院毎に調整料がかかります。

治療後に、歯の後戻りを防ぐための保定期間中も追加でメインテナンス費用、リテーナー(保定装置) の代金がかかる場合がありますので、治療を希望する歯科医院でご確認ください。

※費用の目安は参考金額です。実際の金額を保証するものではありません(メディカルネット調べ)

Q2:公的医療保険が矯正治療では使えないのですか?

A2:矯正治療ではほとんどのケースで公的医療保険を利用することができず、自己負担となります。

公的医療保険が適用できるケースとしては、通常「病気(悪いところ)を治す治療」が条件となります。

矯正治療でも一部、厚生労働省が定めた特定の疾患として診断を受ける場合、適用されることもあります。
ただ、ほとんどのケースで歯並びを改善し見た目を整えることを目的とした治療ですので、矯正治療では公的医療保険が適用できないと覚えておくと良いかと思います。

Q3:矯正治療でのゴムかけとは何ですか?

A3:矯正治療中、歯を移動するときの補助的な要素として使ったり、噛み合わせを調整するのに必要になるのがゴムかけです。

上下の矯正装置にゴムをひっかけることで、その反発力を利用し、歯を動かします。 このゴムかけが治療で必要になるのは、1ヵ月~12ヶ月以上と患者様の症状によっても様々です。

矯正治療のゴムかけを受けている間は、患者様には1日1回ゴムの交換をしていただきます。 ご自身で交換は行う必要があり、面倒に感じる作業かもしれませんし、また、ゴムかけを行っている間は、数日間痛みが続く場合もあります。
これらの理由で面倒に感じたり、痛みが嫌だと思うかもしれませんが、歯並びをより良い状態に導くためにも大切な作業なので、歯科医師の指導に合わせて続けていただくことが大切です。

また、この作業をさぼってしまったことが原因で矯正治療の期間や治療計画に影響が出る場合もあるので注意が必要です。

Q4:リテーナーを使う理由はなに?治療後必ず使わないといけないの?

A4:リテーナー(保定装置)を使う理由は、歯が元の位置に戻ろうとする後戻りを予防し、治療で整った歯並びを安定させることにあります。

矯正治療は時間のかかる治療です。その治療でやっと整った歯並びを維持するためにも大切な道具です。

リテーナーを使うことが煩わしく感じるかもしれませんが、せっかく時間とお金をかけ治療を受けた歯並びを保つためにもしっかりと、歯科医師の指導の元使用してください。

矯正治療の歯の周囲の組織は、骨が弱く不安定な状態になってしまっています。そのため、通常の状態より歯の位置が動きやすくなってしまい、これが後戻りの原因となってしまいます。

保定期間は短い方でも6ヵ月~1年程度は必要になってきます。歯科医院によっては、矯正治療にかかった期間と同程度の期間や、2~3年程度の保定期間を設ける場合もあります。
リテーナーを装着するタイミングも、1日中つけるのではなく、骨が安定してきたら夜のみとなったりとしますが、できる限り長期間使用することが、歯並びを安定させるためには推奨されています。

Q5:マウスピース矯正で歯並びの治療ができるのですか?

A5:段階的に形が異なるマウスピースを交換していくことで、少しずつ歯を動かすのでマウスピース矯正でもきちんと歯並びの治療を行うことができます。

マウスピース矯正の特徴として、患者様自身がマウスピースの着脱が可能なので、しっかりと自己管理することが大切になります。

【マウスピース矯正の特徴】
・透明で薄いプラスチック製なので目立ちにくい
・食事や歯磨きのタイミングで取り外しできる
・金属のパーツを使用しないので金属アレルギーの方にも治療を受けていただける
・凹凸が少ないので、口の中が傷つくなどのトラブルが少ない

目立ちにくいことから、人前に出る仕事をしていたり、装置の見た目を気にして治療を躊躇している方などにも選ばれる傾向があり、マウスピース矯正をご希望される方も増えてきているようです。

ただ、メリットである点は、デメリットにもなるものがあります。特に、着脱が自由に行えることで、歯を動かすのに必要な1日の装着時間が守れず、十分な治療効果を得られない場合もあります。

きちんと治療の効果を得るためにも、歯科医師から指示された装着時間を守るなど、治療に必要な自己管理をしっかりとしていただけることが大切です。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら