セファロ(セファログラム)とは?矯正歯科で必要な検査機器について徹底解説!

矯正歯科で使用される検査機器「セファロ(セファログラム)」について、ご紹介していきます。主に矯正歯科の歯医者さんで使用される頭部のX線写真を撮影する機器ですが、一般歯科や病院で使われるレントゲンとどうのように異なるのでしょうか?それはセファロだからこそ、わかることがあるからです。

更新日:2020/05/11

セファロ(セファログラム)とは?矯正歯科で必要な検査機器について徹底解説!

■目次

  1. 矯正治療の検査 セファログラム(頭部X線規格写真)
  2. 矯正歯科で必要な検査機器 セファログラム(頭部X線規格写真)とは
  3. 頭部X線規格写真(セファログラム)でわかること
  4. 図:プロフィログラム (頭部X線規格写真の主要な計測点を線で結んだ多角形)
  5. 記事監修

矯正治療の検査 セファログラム(頭部X線規格写真)

矯正歯科で必要な検査機器 セファログラム(頭部X線規格写真)とは

セファロX線撮影装置

口の中の治療はとても繊細な作業を必要とします。口の中というのは肉眼で見ることのできない部分が多いです。そこで歯と歯の間や歯根、顎の骨をより詳しく調べるためにレントゲンが必要になってきます。

セファログラム(頭部X線規格写真)を使用する目的は顔面、頭部のレントゲン写真を正面そして側面から撮影し、矯正歯科治療を行うために分析・診断することです。また、経時的に撮影して骨格の成長の変化や歯の移動を観察します。ですから、矯正治療で一番重要な機器は、このセファログラム(頭部X線規格写真)でもあります。

頭部X線規格写真(セファログラム)でわかること

セファログラム(治療後撮影)

矯正治療前の診断、矯正治療中(外科矯正治療前後)の状態確認、矯正治療終了後の確認など、 同じ規格で撮影したレントゲン写真があれば経時的にその変化が把握できます。 セファログラムは、X線の管球(X線発生装置でX線を作っている部分)から一定の距離に被写体をセットして規格レントゲン写真を撮ります。

セファログラムでは、「上下顎の大きさとそのズレ」、「顎の形」、「歯の傾斜角」、「口元のバランス」などについて判ることができます。

図:プロフィログラム (頭部X線規格写真の主要な計測点を線で結んだ多角形)

プロフィログラム

上の図は、術前後のプロフィログラムです。プロフィログラムは、セファログラムの主要な計測点を線で結んだ多角形の図です。術前・術後を重ね合わせた図からわかるように、セファログラムは、治療前の診断に必要なデータはもちろん、 術前・術後の重ね合わせでどのように歯が動いたか、顎骨の変化がどうだったかが比較できます。これは、規格X線写真だからできることです。セファログラムは、矯正治療を行うにあたって必ずと言って良いほど撮影されるものです。

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「矯正歯科ネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、矯正歯科などの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

矯正歯科歯科医院を探すなら「矯正歯科ネット」

矯正歯科治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くの矯正歯科歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

P R
渋谷矯正歯科

記事カテゴリ

矯正歯科に関する役立ち情報

知っておきたい!矯正治療の基礎知識