抜歯して矯正歯科治療を行った症例

抜歯を行う矯正歯科治療の症例を症例写真を使ってご説明します。

更新日:2019/11/25

■目次

  1. 抜歯して矯正歯科治療を行った症例
  2. 治療例1 上顎前突(出っ歯)の治療例
  3. 患者様の情報
  4. 治療前(抜歯後)
  5. 治療後
  6. 治療例2 叢生[そうせい]の治療例
  7. 患者様の情報
  8. 治療前
  9. 治療後

抜歯して矯正歯科治療を行った症例

ガタガタの歯並びや出っ歯は、歯に対して顎が小さく、歯が並ぶスペースが不足していることが原因の一つです。矯正歯科治療では、歯を並べるスペースを確保するために、やむを得ず抜歯を行う場合があります。
ここでは抜歯を伴う矯正歯科治療についてご説明致します。

治療例1 上顎前突(出っ歯)の治療例

一般的に片側1本のみ抜歯して矯正歯科治療できるケースは多くありませんが、診断後片側1本のみの抜歯で治療可能であることがわかり、ご本人の意思を確認しご理解いただいたうえで治療にあたりました。

患者様の情報


性別 : 女性
年齢 : 15歳9ヵ月
症状 : 上顎前突(出っ歯)

治療前

治療後

治療前(抜歯後)

顕著な上顎前突症です。叢生[そうせい]も伴っています。術前検査で奥歯の前後的なズレの状態などを把握し、予測される術後についてもカウンセリング後、ご本人の意思を確認し、上顎左側第一小臼歯を一本抜去しました。

治療後

上顎前突症および叢生が改善されました。動的治療後は保定装置(リテーナー)を使用します。


インフォームドコンセントが得られ、患者様ご本人のご希望に沿った治療が行えたことで術後大変満足されていました。矯正装置は透明なセラミックブラケットを使用し、動的治療期間は1年7ヵ月でした。


※治療効果は、患者様によって個人差があります。

治療例2 叢生[そうせい]の治療例

叢生の程度からは抜歯でも非抜歯でも矯正治療が可能でありながら、横顔の分析、特に口元の突出感を改善するためには抜歯治療が必要であり、ご本人の意思を確認しご理解いただいたうえで治療にあたりました。

患者様の情報

性別 : 女性
年齢 : 26歳4ヵ月
症状 : 叢生[そうせい]

治療前

治療後

治療前

顕著な上下顎前突症および叢生[そうせい]があります。きちんとカウンセリングを行い、上下顎左右側第一小臼歯4本を抜去し矯正用アンカースクリューを使用する治療方針に決まりました。

治療後

上下顎前突症および叢生[そうせい]が改善されました。動的治療後は保定装置(リテーナー)を使用します。

歯並びを整えることに加えて、抜歯することで術後は口元の改善も得られました。矯正装置は透明なブラケットと矯正用アンカースクリューを使用し、動的治療期間は2年7ヵ月でした。


※治療効果は、患者様によって個人差があります。

記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「矯正歯科ネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、矯正歯科などの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

矯正歯科歯科医院を探すなら「矯正歯科ネット」

矯正歯科治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くの矯正歯科歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

P R
渋谷矯正歯科

記事カテゴリ

矯正歯科に関する役立ち情報

知っておきたい!矯正治療の基礎知識