歯列矯正中の痛みを和らげる装置

矯正治療は痛い?

どうしよう!抜歯をする・可能性があるといわれてしまった!

矯正治療は痛いと聞いた方も多いのではないでしょうか?
ブラケットと呼ばれる装置(左図参照)をつけた夜あたりから、痛みを感じる方が多くいます。
この痛みは、翌日から翌々日にかけてピークとなり、1週間以上続く人はあまりいません。
この痛みの原因は、歯が動くことによる痛みで、神経に障るような強い痛みではなく、締め付けられるような鈍い痛みです。装置装着後は、クリニックから痛み止めを処方されますので、痛みが強い方は服用をお勧めします。

矯正治療中の痛みを和らげる不思議な装置

矯正治療中の痛みを和らげる不思議な装置

不思議な装置というのは、ブラケットに特殊な金属のワイヤーを使った装置のことです。違和感が少ないのにきちんと矯正治療ができる、今までとは違う装置です。
一見普通の金属のワイヤーのように見えます。

矯正治療中の痛みを和らげる不思議な装置

常温ではご覧のように簡単に曲がります。
このやわらかさが違和感が極端に少ない秘密です。

矯正治療中の痛みを和らげる不思議な装置

曲がった状態で温かい紅茶につけてみます。
すると・・・。

矯正治療中の痛みを和らげる不思議な装置

不思議なことに元の形態に戻ってしまいました。
つまり、このワイヤーは温めることにより決まった形態に変形するのです。

矯正治療中の痛みを和らげる不思議な装置

こうして、温めたり冷やしたりすることによって自分で調整することができるのです。
矯正治療は個人差がありますが、どうしても最初は違和感が出てしまい、人によっては話しにくいような場合もあります。
この装置ならば仕事やスポーツ、勉強などの間は気にならないように緩めることもできます。
使い方によって、日常生活の中に上手に取り入れられると思います。

資料提供
森本矯正歯科医院
院長:森本 健先生

このページの先頭へ

歯の豆知識