3Dカメラでシミュレート、制作する見えない裏側矯正装置(3Dデジタル裏側矯正)

最新の3D光学スキャニングで精密な歯型を採る裏側矯正治療

緻密な3Dデジタルデータで一人ひとりの装置を制作する最新裏側矯正

3D光学スキャニングとは、専用の3Dカメラでお口の中を立体的にスキャンする最新の技術です。裏側矯正治療を始める前に、光で歯の形を計測することで、より精密な歯型を採ることが可能となります。従来のシリコン材を使う歯型採りでは、歯型が固まるまでに待つ時間が必要でしたが、3D光学スキャニングは患者様の負担が軽減されます。

?

特徴

【一人ひとりの症状に合わせて装置を精密に作成】
3Dでお口の中を立体的にスキャンし、「あなたのお口の中」を3Dデジタル画像で再現します。あらゆる角度から歯並びを見ることができるので、患者様一人ひとりにより適した治療計画を立てることが可能です。
【歯の動きをシミュレートして最短の治療計画を選択】
非抜歯・抜歯を含む裏側矯正治療など、様々パターンをシミュレートできます。効率的な歯の動きをシミュレートすることで、より短い期間での治療が可能になりました。
また、3Dデータはワイヤーの作成にも活かされます。コンピュータ制御のロボットが、データを元にワイヤーを作成し、頻繁なワイヤー交換も必要ないため、交換時の違和感も抑えられます。
【歯や歯列の状態・治療プロセスを確認できる】
現在の歯並びを立体画像でご覧いただけます。治療プランの説明とともに、治療のゴールを具体的に再現できるので、納得して治療を進めることができます。
治療前だけでなく、治療中でも最新の状態をデータ化することも可能です。どんなに慎重に計画しても、思い通りにいかないのが人体です。3Dデジタル裏側矯正は、「現在と治療後」の橋渡しになる治療といえます。
※治療結果は患者様によって個人差があります。
院長:東海林 貴大
資料提供
渋谷矯正歯科
院長:東海林 貴大

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック