【2021年09月】福岡県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した福岡県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:治療費が判らないので矯正治療を検討しにくい

A1:矯正治療はあくまで歯科医院ごとに費用を設定している自由診療になるため、これと決め打ちできるような治療費用は実際に歯科医院で確認してみないと判りません。
ただ、目安としてはだいたい次のような価格帯で考えてみるといいかもしれません。

【矯正治療費用の目安】
・表側矯正の場合:600,000~1,000,000円
・裏側矯正の場合:800,000~1,500,000円
・マウスピース矯正の場合:700,000~1,000,000円
・部分矯正の場合:200,000~600,000円

※あくまでも費用の目安であり、実際の金額を保証するものではありません(メディカルネット調べ)

このほか歯科医院によっては、診断料や相談料、検査費用など通院ごとの追加費用が掛かる場合などもあります。
最終的にどれぐらいの費用が掛かるかは歯科医院にてご確認ください。

Q2:矯正治療を公的医療保険の範囲で受けられないの?

A2:原則的には受けられません。これは矯正治療が審美的な側面が強い治療だと考えられているからです。

ただ、一部、先天的な疾患や、顎関節症、前歯の埋伏歯開窓術を必要とする咬合異常などにおいては公的医療保険の範囲で治療を受けることができます。
該当する症状がある場合は、厚生労働大臣が定めた施設基準を満たしている歯科医院を探してご相談ください。

Q3:ゴムかけってどんな効果があるの?

A3:ゴムかけは上下の顎の矯正装置にゴムをかけることで、矯正治療をサポートするものです。
矯正治療の一定の時期に使う場合がありますが、しっかりと行うことで、噛み合わせや歯並びの治療をより良い結果に導くことに繋がります。

ゴムかけは使い始め当初は歯に力がかかることで痛みが出る場合がありますが、これは数日程度で慣れてくるものです。そのため、痛みが出ることを嫌がらずに毎日指導に従って交換して続けてください。

もし、このゴムかけをさぼってしまうと予定されていた治療期間が延びてしまったり、治療の仕上がりが予定通りに終わらないなどが考えられます。
綺麗な歯並びを手にいれるためにも、しっかりとゴムかけを行ってください。

Q4:リテーナーってどんなものがあるの?使う理由って?

A4:リテーナー(保定装置)を矯正治療後使うように指導されますが、リテーナーはいくつかの種類が考えられます。

主なものとしては次のようなものです。
・マウスピース型のタイプ
・ワイヤー固定するタイプ
・固定式で取り外せないタイプ

などです。歯科医院によってどんなリテーナー(保定装置)を使っているかは様々なので、気になる場合は事前に確認しておいてもいいかもしれません。

また、このリテーナー(保定装置)は、しっかりと使うことで矯正治療後の歯並びを安定させることができますが、 しっかりと指導に従った使用をできない場合は、歯並びが再び乱れてしまう後戻りの原因になるのでしっかりと使うことが大切です。

Q5:マウスピース矯正ってどうして歯が動くの?

A5:マウスピース矯正で使用するマウスピースは、治療の段階に合わせて少しずつ形が違っています。
この形の違いが歯を動かすのに大切で、約2週間程度で交換していくマウスピースの形の変化に合わせて歯を動かしていく仕組みになっています。

マウスピースは1日20時間程度の装着が必要ですが、装着時間が守れていれば、食事や歯磨きなどのタイミングに自分で外していただけます。
目立ちにくい装置だという特徴もあり、見た目を気にする方にも治療が受けやすいのがマウスピース矯正での治療だと言えます。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら