下顎の歯を移動する装置(下顎用の大臼歯遠心移動装置)を使用した症例

非抜歯で下顎の歯列全体を後ろに下げて反対咬合を改善

【症例1】20代女性 - 非抜歯で下顎の歯列全体を後ろに下げて反対咬合を改善

主訴:受け口で噛み合わせが悪い
治療期間:治療中
抜歯の有無:右上5番、右下親知らず抜歯
症例写真ごとの治療の経過
初診時:受け口の場合、下顎の小臼歯を抜歯して矯正治療することが多いが、大臼歯遠心移動装置を使うことで、犬歯から奥歯にかけての歯を後ろに下げることができるので、下顎の抜歯をせずに治療を開始
治療中:大臼歯遠心移動装置の下顎タイプの装置を使用し、約5ヵ月で反対咬合が改善

抜歯することなく上下の噛み合わせが改善された

初診時 【症例1】20代女性・初診時 【症例1】20代女性・初診時 【症例1】20代女性・初診時
治療中
セット当日
(0週目)
【症例1】20代女性・治療中 【症例1】20代女性・治療中 【症例1】20代女性・治療中
治療中
(3ヵ月後)
【症例1】20代女性・治療中 【症例1】20代女性・治療中 【症例1】20代女性・治療中
治療中
(4ヵ月半後)
【症例1】20代女性・治療中 【症例1】20代女性・治療中 【症例1】20代女性・治療中

【症例2】10代女性 - 犬歯から奥歯を後ろに下げて下顎前突と側方開咬を改善

主訴:小学生の時に他院で矯正治療をしていた。前歯が反対咬合で、奥歯は噛んでいない
治療期間:治療中
抜歯の有無:治療の経過を見て検討(現在は非抜歯)
症例写真ごとの治療の経過
初診時:上顎左右7番欠損、下顎前突(受け口)と側方開咬(上下の歯が噛み合っていない)がみられる
治療中:下顎の大臼歯遠心移動装置を使用し、犬歯から奥歯を後ろに下げている
初診時 【症例2】10代女性・初診時 【症例2】10代女性・初診時 【症例2】10代女性・初診時
治療中
セット当日
(0週目)
【症例2】10代女性・治療中 【症例2】10代女性・治療中 【症例2】10代女性・治療中
治療中
(2ヵ月後)
【症例2】10代女性・治療中 【症例2】10代女性・治療中 【症例2】10代女性・治療中

【症例3】40代男性 - マウスピース矯正との併用:上顎はマウスピース矯正、下顎は大臼歯遠心移動装置

主訴:受け口、歯のでこぼこを治療したいが、なるべく非抜歯を希望
治療期間:治療中
抜歯の有無:なし
症例写真ごとの治療の経過
初診時:主訴である下顎前突(受け口)、叢生(歯のでこぼこ)以外に正中のずれがみられる
治療中:アメリカ型のマウスピース矯正で上顎の歯並びを改善、下顎は大臼歯遠心装置にて歯列全体を後ろに下げ、噛み合わせを改善
初診時 【症例3】40代男性・初診時 【症例3】40代男性・初診時 【症例3】40代男性・初診時
治療中
セット当日
(0週目)
【症例3】40代男性・治療中 【症例3】40代男性・治療中 【症例3】40代男性・治療中
治療中
(6ヵ月後)
【症例3】40代男性・治療中 【症例3】40代男性・治療中 【症例3】40代男性・治療中
装置
撤去後
(8ヵ月後)
【症例3】40代男性・治療中 【症例3】40代男性・治療中 【症例3】40代男性・治療中

※装置を撤去後は、アメリカ型のマウスピース矯正で治療をしていきます。
写真の状態は矯正治療完了後の状態ではありません。

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

執筆者
青山外苑矯正歯科
院長 : 横谷 浩爾
医院紹介ページ >>

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函