歯列矯正で横顔美人になれる?歯並びとEラインの関係とは

Eラインとは横顔の鼻先と顎先を結んだ線のこと。出っ歯や受け口などの歯並びとEラインは深く関連しています。ここではEラインの定義や歯並びとの関係性、非抜歯矯正について詳しく解説しています。歯列矯正で憧れのEラインへ。横顔美人を目指したい方はこちらの記事をご覧ください。

更新日:2020/06/17

歯列矯正で横顔美人になれる?歯並びとEラインの関係とは

■目次

  1. Eラインとは
  2. 歯並びとEラインの関係とは
  3. まとめ
  4. 【Q&A】Eラインに関する相談はこちら 全国のドクターが回答します!
  5. 記事監修

Eラインとは

横顔の写真において鼻先と顎先を直線で結んだ線のことを「Eライン」または「エステティックライン」といいます。アメリカの矯正歯科医であるロバート・リケッツ氏により提唱された言葉で、横顔の美しさを表す指標として歯科や美容医療の分野で広く用いられています。上下の唇はEラインに触れずに、少し後ろの位置。下唇がEラインより2mm後方、上唇は4mm後方に位置するのがベストバランスであるとされています。

日本人の理想的なEラインとは?
横顔美人の黄金比「Eライン」の定義はわかっていても、欧米人と比べて鼻筋が低めの日本人には不利ではないでしょうか。日本人は顔の彫りが浅く、前後的に凹凸が少ないので、ロバート氏が提唱しているEラインを得ることは難しいのです。そのため日本人には「Eラインと上下の唇の先端が接した状態」を好ましいとする考え方もあります。横顔の美しさに対する基準は人種や国籍によって若干異なるという訳です。

歯並びとEラインの関係とは

では次に、「歯並びを整えるとEラインは改善するのか」という疑問について。結論から言うと、出っ歯や受け口でお悩みの方は矯正治療で歯が移動することによりEラインが改善する可能性があります。歯並びとEラインは関連しているため、歯列矯正を行うことで同時にEラインも整うという訳なのです。

例えば、出っ歯の方は唇の先端がEラインよりも前に出ており、口元が前に突き出て見えます。このようなケースでは前歯を後方に引っ込めることで口の突出感も整います。唇側に傾斜していた前歯を正しい位置に戻すことで唇が閉じやすくなり、キュッと引き締まった表情に。

また、受け口(しゃくれ)の方は下顎が前方へ突き出し、咬み合わせが逆になっている状態です。顎の骨の大きさに問題がある場合は、矯正治療と並行して外科手術を行い、長い下顎の一部をカットすることで理想的なEラインに近づけることができます。

ただし、噛み合わせや歯並びの状態によってはEラインの改善が難しい場合があるということ、そしてEラインは必ずしも歯列矯正のみで改善されるわけではないということを覚えておいてください。例えば、歯並びや噛み合わせに問題がないのに唇の位置がEラインよりも前にあるケースでは、鼻の高さやお顔の骨格がEラインが崩れる原因となっている場合があります。こちらのケースは美容整形の領域となり、歯科治療での対応は難しいことも理解しておきましょう。

時には抜歯が必要なことも

歯を抜かずに歯を並べることを「非抜歯矯正」といいます。歯を抜かずに治療ができればそれに越したことはありませんが、場合によっては抜歯を選択したほうが顔の見た目も噛み合わせも満足のいく仕上がりになることがあります。

日本人は口元がEラインからはみ出している傾向が高いので、歯並びの状態によっては抜歯をせずに歯を並べると「口元もっこり」の状態になる可能性があります。歯を抜かずに無理に歯を並べようとすると、前歯が前方に傾斜して口が閉じにくくなったり、出っ歯に見えてしまうことがあるほか、治療後に後戻りしやすいことも。これではいくら歯並びや噛み合わせが整っても仕上がりに不満が残ってしまう結果となってしまうでしょう。必ずしも非抜歯矯正が優れている訳ではないのです。

抜歯が必要か否かは治療開始前の精密検査で判断します。抜歯をして矯正するか否かは患者さんの同意を得て行われます。カウンセリング時には抜歯の有無やリスクについてもしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

上記にてEラインと歯並びの関係性について解説しましたがいかがでしたでしょうか。歯並びが整うと横顔がスッキリ。憧れのEラインも夢ではありません。

さらに歯列矯正は歯並びだけでなくお顔の輪郭や健康面、アンチエイジング効果も期待できます。噛み合わせが整いしっかり噛めるようになると、口元の筋肉のバランスも整います。左右の歯でバランスよく噛めるのでお口周りの筋肉が鍛えられてリフトアップ。ほうれい線が目立たなくなり、頬が引き締まることもあります。そのほか、長年の口元のコンプレックスが解消されて自信が持てる、発音がクリアになる、しっかり噛めて唾液も増えてお口の中が潤うなど、歯並びを整えることで得られるメリットは多いのではないでしょうか。

歯列矯正は歯並びや噛み合わせの改善だけではなく、審美面の回復も大きなテーマのひとつ。美容整形とは少し異なる「ナチュラルな美しさ」を引き立てることができます。健康美人を目指す方は、歯列矯正がお役に立てるかもしれません。一度歯列矯正をお考えになってはいかがでしょう。

【Q&A】Eラインに関する相談はこちら 全国のドクターが回答します!

Eラインに関する皆さまの悩みに全国のドクターが回答しています。
そのほかの歯に関する相談はこちらへ

Q:抜歯について (もんもんさんからの相談)
あたしは今治療してから1年半くらい経ちました。まずは抜歯をしないで治療をしてみることになっていました。最初に比べたらだいぶ綺麗になりました。しかし、前歯が少し出ていてそれは抜歯しないと中に入りきらないと言われ…
A:ドクターからの回答はこちら

Q:唇 (jcdffrkd さんからの相談)
自分は歯並びは悪くないのですが、唇が少し分厚いです。普段も意識していなくても唇は閉じていますので出っ歯ではないのですが、唇がEラインに収まってないです。だからといって口ボコでもないです。ですが、欧米人などは皆Eラインがあって…
A:ドクターからの回答はこちら

Q:Eラインになりたい! (のだめさんからの相談)
はじめまして。歯のかみ合わせが悪く、顎が痛くなったので、歯医者に行ったのですが、レントゲンで写真を撮ると、どうやら、親知らずが押し合っているからだと分かり、口腔外科を紹介されました。ですが、私は顎が少し出ているので、…
A:ドクターからの回答はこちら

Q:横顔 (pjwmjtadjg さんからの相談
自分の歯並びは決して悪くないのですが、横から見ると少し口元がもっこりしていてEラインの中に収まってないです。歯並びや噛み合わせなどは問題ないと思うのですが、口元がもっこりしているのが少し気になっていて...
A:ドクターからの回答はこちら

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「矯正歯科ネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、矯正歯科などの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

矯正歯科歯科医院を探すなら「矯正歯科ネット」

矯正歯科治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くの矯正歯科歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

P R
渋谷矯正歯科

記事カテゴリ

矯正歯科に関する役立ち情報

知っておきたい!矯正治療の基礎知識