【2021年09月】高知県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した高知県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:歯科矯正の治療方法によってどのくらい費用は違うの?

A1:矯正装置の種類、歯並びの症状や歯の移動量よって変わりますが、目安は以下です。

[矯正治療費用の目安]
・表側矯正 およそ600,000~1,000,000円
・裏側矯正 およそ800,000~1,500,000円
・マウスピース矯正 およそ700,000~1,000,000円
・部分矯正 およそ200,000~600,000円

※上記費用は実際の金額を保証するものではありません(メディカルネット調べ)

患者さん一人ひとりの症例により治療方針が異なるため、定価のようなものがありません。
治療費は矯正治療の前の費用を一括で設定するトータルフィー制度をとっている医院と、毎回の通院ごとに調整料などを必要とする医院とに分かれています。

トータルフィー制度では分割可能な場合もあるので、治療前に費用に関するお悩みはきちんと医院に確認しておきましょう。

Q2:歯科矯正でのゴムかけの痛みはどのくらい続くの?

A2:一般的に痛みは数日間続きます。

歯の移動を補助したり、噛み合わせの調整をしたりするために必要な矯正のゴムかけは痛みが伴います。

基本的に痛みに対策はなく我慢することが必要ですが、慣れてくると痛みは徐々に和らぐといわれています。
痛いからとすぐにやめてしまうと矯正期間が延びてしまい、再度ゴムかけをする際に痛みを感じてしまうことになるため継続が大切です。

また、ゴムかけは患者さん自身で毎日の交換が必要なため、面倒な作業に感じてしまうかもしれません。
計画通りに治療を進めるのに重要なのでサボらず頑張って交換をしましょう。

Q3:リテーナーはいつまで使うの?

A3:一般的には矯正期間と同じくらいの期間といわれています。

歯列矯正で動かした歯が後戻りを起こさないように、歯の周りの骨や筋肉を安定させる期間を「保定期間」といい、リテーナーはこの保定期間に使用します。 個人によって差はありますが、保定期間は一般的に矯正期間と同等の期間が必要です。

骨が安定するまでは食事や歯磨き以外の時間、それ以降は徐々にリテーナーの装着時間を短くしていき、 最終的には寝るときだけ装着するというように、できる限りリテーナーは装着することをおすすめします。

Q4:矯正治療は保険が使えるの?

A4:基本的に自費診療で公的医療保険は適用されません。

歯科治療において公的医療保険が適用されるのは、「病気(悪いところ)を治す治療」です。 しかし、矯正治療は「歯並びを改善し見た目を整える」というように、病気を治す治療ではないため公的医療保険が適用されないのです。

Q5:マウスピース矯正って効果あるの?

A5:効果は得られますが、状況により効果が得られないこともあります。

マウスピース矯正は「透明で目立ちにくい」「取り外しができる」「お口のトラブルを軽減できる」
などのメリットがあり、マウスピース矯正を選択する方も増えてきています。
しかし、メリットである「取り外しができる」ことがデメリットとなり、 残念ながら効果が得られないケースも存在します。

マウスピースは、治療期間中に適切な装着時間に従って使用し続けなければ、十分な効果を出すことが難しい装置です。 医師に指示された装着時間をしっかりと守り、うっかり装着を忘れてしまったという場合はないように続けていくようにしましょう。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら